こんにちは本社の中島です。
梅雨が明けましたね!
とってもいい天気ですが、暑すぎて外にいたら溶けそうな気温です
外出する際は、帽子や日傘をさしたり、しっかり水分補給して熱中症には十分注意しましょう


さて今回は壁紙についてのお話しです。
壁紙には大きく分けて2つ、「量産品」と「1000クラス」と呼ばれるものに分かれています。
何が違うのか簡単にご説明しますと、

量産品は価格が安く、クロスの生地が厚めなので下地やジョイントが目立ちにくく
リフォームに向いています。色数は少なく、ベーシックなデザインが多いです。
撥水トップコートや表面強度アップ・抗菌・防カビ機能を備えているクロスがあります。
量産品クロス

1000クラスは量産品に比べて価格が高いです。
色柄のバリエーションがとても豊富で、デザイン性にこだわったコーディネートをしたい方におすすめです。
上記量産品の機能の他、消臭・汚れ防止・通気性・吸放湿・抗アレルゲンなどの機能を
備えているクロスがあります。
生地は薄いものが多く、下地やジョイントが目立ちやすいというデメリットもあります。
V-wall2018-2021_31-32

リフォームの際、前の壁紙を剥がしてみるとボードの状態が悪く、
下地処理してもカバーしきれないという事例があります。
そういった場合は凸凹が目立ちにくい、生地が厚めのクロスを選ぶことをお勧めします。

量産品と1000クラスのざっくりとした違いは上記のような感じですが、 
価格が安い量産品クロスだからと言って、品質が悪いという事ではありません。
弊社で採用しているメーカーのクロスは様々な安全規格の基準に適合しており、
どれも安心してご使用いただけます。

基本は量産品で揃えて、お部屋の1面だけアクセントで1000クラスを選ぶお客様がお多いです
1000クラスには、無地のクロスでも様々な色のトーンがあるので
例えばブルーのクロスでもこのようにがガラリと雰囲気が変わります。
V-wall2018-2021_11-12

クロスはたくさんありすぎて迷ってしまいますが、上手に組合わせて素敵な空間を造りましょう
コーディネートのご相談もリルトホームにお気軽にご相談下さい

*******************************
横浜のリフォームは  
ReformStudio 株式会社リルトホームへ♪
リルトホームのホームページTOPはこちら
塗装・防水・シーリング工事は自社施工!
小さな工事から大規模工事まで内装・外装・設備交換・間取り変更等
ライフスタイルに合わせたリフォームを承っております。

横浜市神奈川区七島町112-5パレス日生1階
TEL:045-947-3552/FAX:045-947-3553
*******************************